妊娠検査薬判定は陰性なのに妊娠していた!!

妊娠検査薬の判定結果は陰性。でも、実際には妊娠していた!!そんな話聞いた事ありませんか?そんなケース、さほど多くはありませんが、ちらほら聞く話なのです。

ではなぜ、正確だと言われている妊娠検査薬での検査にエラー判定が生じたのでしょうか?今回は考えられる理由についてご紹介したいと思います。

【妊娠検査薬の判定エラーについて】

妊娠検査薬は絶対!!そんな風に考えている女性は多くいらっしゃるのだと思います。しかし、妊娠検査薬の精度は約99パーセントで100パーセントではないのです。

つまり、100人に約1の割合で判定エラーが生じているという事になります。99パーセントの精度は確かに高いのですが、妊娠の判定と考えた場合、不安が残る数字であるのも事実ではないでしょうか?

では、どうして妊娠検査薬でエラー判定が生じてしまうのでしょうか?

《妊娠検査薬の精度は…》

前述の通り、妊娠検査薬の精度は約99パーセント。100パーセントではないにしても、非常に高い精度を誇っているのは事実。でも、いえ、だからこそ残りの1パーセントはやはり気になる所です。

なにせ妊娠は人生が大きく変化する可能性を含んだ出来事。そのための検査結果がエラーだった!!なんて、カンタンに済ませられる出来事ではありません。

そうならないためにも、妊娠検査薬のメカニズム、エラーの理由などを知っておく事も重要なのだと思います。

《妊娠検査薬のメカニズム》

では、まずは妊娠検査薬のメカニズムから。

妊娠検査薬での判定ですが、hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)の検出によって行っています。このhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)は、妊娠した女性の体内にのみ存在するホルモンなので、このhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)が検出されたという事は、妊娠しているという事になるのです。

具体的にはどうするのか?ですが、妊娠検査薬にある採尿ポイントに妊娠検査したい人の尿を含ませ、説明書で指定されている時間待つだけ。こうする事で、判定結果が示されます。

尿に含まれるヒトhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)を検出すれば判定結果は陽性、含まれていなければ判定結果は陰性となる仕組みなのです。

《妊娠検査薬のエラー発生の理由》

妊娠している場合、このhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)は確実に体内に存在し、尿内にも含まれているはずなのです。では、どうしてエラー判定が表示されてしまったのでしょうか?陰性判定の理由は何なのでしょうか?

(エラー判定の理由/判定日の問題)

妊娠検査薬には2種類が存在しています。1つは通常の妊娠検査薬で、もう1つがフライング妊娠検査薬、早期妊娠検査薬とも呼ばれています。

これらを使用する上で大切なのが使うタイミング。このタイミングを間違えてしまった場合には、正しく判定されない場合があるのです。得に早すぎるタイミングで検査を行った場合には、hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)の濃度が基準値に満たないなどの理由から、妊娠していても陰性判定となる可能性があるのです。

(エラー判定の理由/生理不順)

一般的な妊娠検査薬での妊娠判定は、生理予定日の1週間後から判定可能となっています。これには、hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)の尿中の濃度が関係しています。

生理予定日の1週間後の尿中濃度が判定に必要な濃度になっているという前提で検査薬は作られているのですが、生理が不順な場合には、その予定日が明確になりません。このため、エラー判定が出てしまう場合があるのです。

(エラー判定の理由/尿中濃度が薄まっていた)

採尿前の大量の水分を摂取したなどの理由から、尿中のhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)濃度が薄まってしまった場合、正しく判定できない事があり得ます。

(エラー判定の理由/妊娠の状態に問題が生じている)

異常妊娠の場合には、hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)分泌に何らかの異常が生じる場合があります。体調の異変などで妊娠を感じている場合で、判定が陰性の場合には速やかに医師に相談しましょう。

(エラー判定の理由/妊娠検査薬自体の不良)

こんなケースがあります。妊娠の兆候を感じ取り、妊娠検査薬を使用したが結果が陰性。納得できずに再度検査薬での判定を行ったところ、今度は陽性判定が。

これではどちらが正しい判定か分からないので、今度は別メーカーの検査薬で判定を行ったところ、陽性だった。

この方の場合、2個セットの検査薬を購入・検査を行ったそうです。同時に購入したものをほぼ同じタイミングで使用して、陰性・陽性両方の判定が出たケースならば、検査薬自体の不良と考えるのが普通なのでしょう。

(エラー判定の理由/妊娠検査薬自体に汚れが付着した)

妊娠検査薬を清潔に保存していなかったため、あるいは使用前に汚れた手で触ってしまったので、検査結果が正しく表示されなかったというケースもあります。これは明らかに使い方の問題ですね。

(エラー判定の理由/出血中などの判定)

これも使い方の問題です。まだ出血中に判定したため、正しく判定結果が得られなかったというケースです。出血が治まっていないならば、タイミング的にも早すぎますので、いずれにしても正しい判定結果は得られません。

【まとめ】

妊娠しているのに、妊娠検査薬で陰性判定が出るケースは、大きく分けて使い方の問題と体の問題に分かれます。妊娠を正しく判定するためには、まずは正しく使いましょう。そして、もし、妊娠の兆候を感じているのに判定結果が陰性を示した場合には、まずは病院で検査してみましょう。

 

妊娠検査薬は便利でカンタンな道具で、その制度の高さは素晴らしいと思います。しかし、これはあくまでも簡易的な検査である事を理解して活用しましょう。

 

妊娠が陽性であったとしても、その状態をチェックするのは医師の仕事です。最終的な確定診断と妊娠の状態、カラダの健康状態については、必ず病院で行う事が必須なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です