妊娠中の胃の不快感に市販の胃薬を飲むのは安全なのか?

妊娠中に悩まされる症状の一つに胃の不快感があります。

胃の不快感自体も辛いところですが、この症状のために食べ物がのどを通らないなど、栄養不足の原因にもなり得ます。これはママのカラダにもお腹の赤ちゃんのカラダにとっても好ましくありません。

しかし、病院に行くほどの症状でもないし、手軽に飲める市販薬の胃薬で対処したいと思うのも、忙しくて体調がすぐれないママにとっては普通の事かも知れませんね。

しかも、「妊娠中であっても胃薬なら安全」だ、そんな都市伝説みたいな話も耳にすることもあります。しかし、これは本当なのでしょうか?あるいは、ただの噂なのでしょうか?

今回は、妊娠中に市販の胃薬を飲んでよいのか?その場合の注意点などについてご紹介したいと思います。

【妊娠中の胃の不調/原因は?】

(プロゲステロンの影響)

妊娠中の胃痛や胃もたれ、不快感などはつわりの1種。通常、妊娠超初期から初期にかけてこれら胃の不調は始まり、妊娠中期になると徐々に楽になります。

こうして起きる胃の不調には、妊娠中に多量に分泌されるプロゲステロンという黄体ホルモンの関係が指摘されています。

このプロゲステロンには、お腹の中で赤ちゃんを安全に育てるため、胃腸の働きを抑制する働きがあります。同時に、お腹の筋肉を緩めるのですが、この事によって赤ちゃんの成長にあわせて子宮が大きくなる事の助けとなっているのです。

しかし、これによって正常に働けなくなった胃は胃酸の逆流などを起こしやすくなってしまっているのです。これが胃の不快感の原因となっているのです。

元々胃が弱い人の場合などは、胃がむかむかする・もたれるという状態を通り越して、胃に直接的な痛みすら感じるほどになるのです。

(ストレス)

また、妊娠中のさまざまな体調の変化は、ママにとっては大きなストレスとなってしまいます。このストレスが原因で自律神経が乱れ、胃の不調につながっているという訳なのです。

【妊娠中に市販の胃薬を服用する上での注意点】

《妊娠中の市販の胃薬の服用/安全性》

こういった妊娠中の胃の不調に対して、胃薬なら飲んでも大丈夫。

そんなお話聞いた事ありませんか?そうなの、じゃあ遠慮なく、、、と、そんなふうにはいきませんよね。なにせ妊娠中に薬は要注意!!と言われているのも事実です。いったいどっちが本当なのでしょうか?あるいはどっちも正解なのでしょうか?

(市販の胃薬の安全性)

妊娠中には服用できる市販薬と、服用できない市販薬があります。ここでは、それら個別の紹介は割愛します。が、その服用の注意点についてご紹介したいと思います。

先ず、結論から。安全と言われている胃薬も多数ありますが、それらのWebサイトや注意書きには、医師に相談の上服用と書かれている物が殆ど。

これは、妊娠中は普通のカラダではありませんので、慎重に扱いましょうという意味ではないでしょうか?

となると市販薬ではなく、処方薬を選択しましょうという結論になります。これが一番安全で安心して服用できるので当然の話しですね。

しかし、その度に病院に行くことはできないという事情もあると思います。そんな時には、相談できる薬剤師さんが常駐している薬局での購入とする、あらかじめ担当医に大目に処方してもらう・あるいは安全な胃薬の種類を聞いておくといった方法での服用を心がけましょう。

【先輩ママ達の体験談/胃薬どうしてた?】

《産婦人科で処方してもらいました》

胃の不快感から食欲が落ちてしまいました。このままではお腹の赤ちゃんの成長に問題が起こってしまうと考え、産婦人科の医師に相談したことろ、胃薬を処方していただけました。

市販薬を飲むことも検討したのですが、やはり処方薬が安全ですので、すこし多めに処方して頂き、不快感が治まるまでの対処をしました。

《総合病院だったので》

総合病院の産婦人科でお世話になっていたので、胃の不調を訴えたらすぐに内科を紹介して頂きました。お薬をいただき、胃の不調が改善しました。

《市販薬で対処》

元々胃の調子が良くない私。普段から服用している市販薬がありました。

妊娠中には胃の状態が悪くなったので、普段飲んでいる胃薬を飲みたかったのですが、良いか悪いのかの判断が出来なかったため、医師に相談し、許可を得ました。同時に、市販薬の胃薬も飲んではいけない物があると聞いたので、はやり相談してみるべきだと思いました。

《ネットで相談》

ネットの相談サイトで相談してみたら、多くの人がこれなら大丈夫だったと指名している胃薬があり、早速メーカーサイトで調べましました。

そこには、飲んでも安全・でも医師に相談しましょうと書いてあったので、次の検診の時に医師に相談して許可をもらいました。以来、妊娠中の胃の不調には、この薬が手放せない位に役立ちました。

《電話相談》

急な胃痛で困ってしまったのですが、いつもの産婦人科はお休みの時間。暫くガマンしたのですが、限界の痛さに。仕方がないので、かかりつけ医の先生に電話で相談したところ、飲んでも大丈夫な市販の胃薬の銘柄を教えて頂き、服用して何とか改善しました。

【まとめ】

市販薬は安全で服用しても問題の無い物と、服用してはいけない物の両方がありました。これを妊娠中のママが正しく判断して服用するということにはリスクを感じます。

やはり、事前に医師に相談しておくか、薬剤師さんに相談して選ぶか、安全な方法での判断・服用が理想的なのだという事が分かりました。

 

妊娠中の薬の服用は慎重に、胃薬であっても、この鉄則は守るべきという結論でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です